ジンジャーエール

f:id:mucame_cobo:20181008135513j:plain

いつだったか同席していた人が頼んでいたジンジャーエール。地元のものなのだそーです。生姜の味がピリッと効きまくった大人味のジンジャーエールかと思いきや、中間くらいの飲みやすさ。新鮮。

ピリッと大人味のジンジャーエールといえば出雲を思い出します。美味しかったなぁ、また行きたい。

きょうは目の前で号泣する人を見た。

お花畑つづき

f:id:mucame_cobo:20181009131422j:plain

違う角度から眺めた咲き乱れる花。ケイトウだと思い込んでいたけれど時期を少しすぎているのでケイトウじゃないかも。わたしの中ではあの色は鶏頭。

ケイトウってすごく変なフォルムだけれど、とてもいい花の名前だと思っています。「ぴったり!それしかない。一回で覚えられる。ケイトウが覚えられなくても、オスニワトリの頭とか口の下にある赤いピラピラしたやつ。メスニワトリの頭にもピラッとある赤いピラピラしたやつと言えばいい!」と思ったときの幼子ごろを思い出す。

お花畑

f:id:mucame_cobo:20181009131408j:plain

このまえお気に入りのいつもの場所でお昼を食べました。その場所はときどき模様替え?をしていて、一面お花畑のようになっていました。少し暑いと感じる陽気で陽の光を浴びているところと日陰になっているところがあって花が咲き乱れていた。

小さな花が目の前いっぱいに咲き乱れている。よく何かの拍子に想像しては憧れます。おそらくそこは私の住む場所よりずっとずっと北にあって、いっせいに花が咲き乱れて強風が吹いているかもしれない。短い夏を終えると秋と冬が一緒に来るような気がする。どうしようもなくそういう場所への憧れがあります。何故かはわからない。

きょう、とてもいい物語を考えました。ある5つの絵をキーワードに2人で考えました。一緒に考えた人の感性に驚いて嬉しくて物語ができたと思います。

よくわからない内容がいっぱいで、ほころびがいっぱいあるけれど、とてもいい物語だと思うし気に入っています。場所は北のほう。