生物

なごり

神農さんの名残り。

スーパー

こそっと購入したバッジ。2つゲットして欲しいのが手に入った。スーパー雷鳥。いぇいいぇい。

おおむかし

おおむかしの小さな小さなクサガメの版画。生まれたて赤ん坊くらいの大きさより小さいかも。

鏡越し

鏡越し、上から、黄葉

イチョウ

ぱらぱらと

いつもの通り道。風が吹くとパラパラと音をさせながらどんぐりが落ちて来ます。 木から離れた実が葉にあたって、ぱらぱらなります。大きな木だけど可愛らしい音を持っているのです。

つむりず

世代交代のときがやってきました、今年生まれのつむりず。小さい子もいれば大きい子もいます。大きい子で5mmないくらいでしょうか。 チビカメはあまり大きくならない夏でした。小さくしっかり育っています。大きいカメズは冬にむけて毎日レバーを食べていま…

ワニ博士

朝から大阪市内をぐるぐる移動しました。 そして心から良い日だった。良い知らせを誰よりも早く友達と一緒に聞くことができました。大阪城を少し下方に眺めながら喜びを何度も何度も、ちょっと休憩してはまた何度も何度も噛み締めあったのでした。 私はいつ…

木々

毎年根元まで切ってしまうのだけれど、毎年ぐんぐん伸びます。

幸せを呼ぶ蝙蝠展

2019年10月15日(火)〜23(水) 平日12:00〜19:00 土・祝日・最終日〜17:00まで休廊:20(日)場所:〒540-0021 大阪市中央区大手通1-1-10 TEL 06−6943−5892The 14th moon ➕ MANIFESTO GALLERY www.14thmoon.com 蝙蝠は、日本では邪悪なイメージがあり…

いつまでも

ソッと撮ってみました。1頭しか写ってはいませんが3頭のメジロが水浴びをしています。 メダカ水槽からピシャピシャピピピピと音がしていて、あ〜小鳥が水浴びに来ているなぁと思いながら仕事をしていました。いつまでたってもピシャピシャという音もピピピ…

秋のみどり

秋を感じさせる緑色。

蜘蛛

燦々

おひさまさんさん。時間を見つけては必要なメールの返信や連絡、ほかパソと向き合っています。いろんなことをためていたんだなぁと反省する思いでパチパチしています。 スイカの季節はそろそろ終わりに近づいているよう。

秋爛漫

未来の画像。秋爛漫だけれど、歩きながらよく眺めていると晩春も夏も秋もいっぺんに来ていました。春から秋は駆け足で季節がやってくる場所なのだと実感。

トカゲ

未来に撮った写真。ニホントカゲを撮ったつもりでしたが、カナヘビもいました。尾切れして再生しつつあります。仲間からいじわるされませんように。日向を眺めていると、トカゲがぞろぞろぞろぞろ出てきては日向ぼこしていた。

むかしの話

ひと月ほどまえに見た風景。遠い遠い、むかしの話のようです。 半月ほどまえに時間(時計)についてシミジミ考えるような一文を読みました。いまこのときも、ひと月後には遠い遠いむかしの話のように感じるのかなぁと考えます。

バッタ

そろそろ移動しながら、ずっといました。こうやって運ばれたり、運んでしまったりするんだなぁ…と思いながら眺めていました。移動した場所で風圧が違い、それによってしっかり踏ん張らないといけない場合と踏ん張らなくてもいい場合があるようです。

お盆

気づけば8月中旬は終わっていた*1。アッという間に1年が過ぎる…などよく聞くけれど、私はそう感じることってありません。 けれども今年の8月中旬はアッという間もなかったような気がします。空白の期間のよう。 *1:23日に書いています

おおいかぶさるように

お墓まいり。お墓におおいかぶさるように茂っています。久しぶりに故人の親しかった人ともお会いしました。とてもとてもいい時間だったように思います。うだるような暑さだったけれど、気持ちよかった。 考えれば考えるほど不思議なことですが、かなり小さい…

漁港

漁港の朝。海のむこうには山々が見えていなかった。晴れた日には見えます。

前脚がいいかんじ。

ニホンカモシカ

見えるような気がする、冬の景色

ふかふか

ふかふかの苔のうえ

つばめ

巣作り途中でひとやすみ

だんすけ

なにかな?

なんだろう…タネでした。

赤ちゃん