かめ

ワッフル

いつだったかに食べたお食事ワッフル。たい焼きの皮の味がして素朴で美味しくて、なんとなくチープで好きな味。 この頃、珍しく夢をよく見るというか覚えています。「忘れないでおこう」と思う夢が多いのかもしれません。そしてマウスピースは私には欠かせな…

睡蓮

メダカ水槽が3つあって、ひとつは睡蓮、ひとつは蓮を植えています。

果物

大きくなるにしたがって、ささみやレバー、つぶ(配合飼料)より果物を好むようになってきたイシガメ女子。お腹に卵がある時は食べたくとも食べることができません。 このまえ、だいぶ熟しすぎているメロンのわた部分をやると、ひとくち食べ「…!!!?!」…

同化

イシガメとアメンボ。見つけられてラッキー。

ジッとみていると

日向ぼっこしている、イシガメが。

世界カメの日

こそっと撮ったおチビ。

うちのカメ

スイカ

うちのカメ

おやつ

写真の子はお肉が好き。もう1頭のイシガメは果物が好き。好きじゃないのは、ほとんど食べない、もしくは食べない。 きのうの写真の黒い子は救護車なのだそうです。へぇ!「出番がなければいね」と、友達が教えてくれました。

クサガメくん

買い出しの帰りに見つけたクサガメくん。花屋さんのご家族のようです。日光浴のために外に出してもらっているようです。可愛がってもらっているのが伝わってきます。いままで気づかなかった。 この子をまじまじと眺めると「クサガメ男子だなぁ」と思います。…

えび2

えび

チビかめ

我が家のチビかめはかめになっていっています。 生まれたばかりのカメは甲羅が柔らかくフニャッとしていて、いかにも柔らかな産まれたての赤ちゃんで「硬い甲羅」を持つカメではありません。 それが成長とともに、日光浴をしてご飯を食べて、しっかりしてゆ…

カメの甲羅みたいな

カメの甲羅みたいな栗のおやつ。ミュータントタートルの甲羅。

ウォーキング

緑色のカメさん。なんとかくんという名前がありました。

チラシ

16(日)まで蔦屋書店梅田にて開催されている「小さな版画とフレーム展」の私の展示コーナーにフリーペーパーが加わりました。ぜひ手にとって興味しんしんご覧ください。 ***********************************「小さな版画とフレーム展」自分の好きな「世…

カメ

カメ石。

小さな版画とフレーム展

梅田蔦屋書店にて「小さな版画とフレーム展」に参加いたします 京都の雑貨店 おやつの店主トノイケさん、刺繍作家で銅版画の制作もしておられる長野訓子さんお二方による企画展です カメ(版画)多め、ほかにテンやや多め、フクロウ、ネズミネコがいます蔦屋…

額装

明後日からはじまる展示の最終準備。

紅白亀

お餅とおかきの間のような紅白亀。

スイスイ

スイスイ 今年の元旦の作業はニホンイシガメでした。11、12月もカメはだいぶやっていたし、夏前もカメをやっていた。カメ好きだけれどカメモチーフは滅多にないので、カメイヤー(ちょっと年越し)だったんだなぁとしみじみ。 年末から喉の調子がイマイ…

カメカメ

カメのなかにカメ。べつだんカメが特別好きでない友達に、説明もなしで画像だけを送ったら「カメすぎるね!」と返信が来た。ふふふ。 大阪市内にある橋の模様。すごくキッチリした仕事でモダンで美しい。設計した人はカメが好きすぎたんだろうか。それとも意…

おおむかし

おおむかしの小さな小さなクサガメの版画。生まれたて赤ん坊くらいの大きさより小さいかも。

ばら

見目麗しいという言葉がぴったり。 ようやく予防接種も受けることができました。ひとまず、ほっ。ついでに検査(ついでに予防接種)だったので、そとで朝ごはんを食べました。マフィン。美味しかった。 ここのところ連日摺っています。それは関係ないと思う…

カメ

ひさびさにカメ版画を作っています。昔つくった絵柄を使って。今回で3度目。毎回違う出来になり、どんどんよくなっている!というわけでもなく、その時々の考えを振り返りながら眺めるそれぞれに感じるものがあります。今回も振り返ることができるものを作…

亀吉

亀吉 私はお酒はたしなみませんが、曽祖父と同じなまえのお酒をみつけました。亀吉。

浅いプール

いつ撮影した写真家さだかではありませんが、浅いプールに入っているうちのカメ。お風呂とも行っています。大きい子たちは、なぜか浅いプール(お風呂が好きです。)

ぜーんぶ

ぜーんぶしっかり食べます。一粒も見逃さずに。この1年、なかなか大きくならなかったけれど、夏で大きくなるのでしょうか。

つぶ

私のてからこぼれたつぶ(配合飼料)をしっかり見つめて、すかさず食べる之図。以前はどこにご飯があるかもわからなかったのに、成長〜。ヒーターではない温かさパワーだと思います。

ごはん

チビかめはいつも慌てていますが、この頃は慌てずに様子をうかがうようになりました。一見こちらをみているようですが、私の手からこぼれるつぶ(配合飼料)を見つめています。